私は


かれこれ
建築業界に30年ほどいますが



キッチン、


特にアイランドキッチンの設計ノウハウと
いうものは私の知る限りいまだにどこにもありません!




無いことはないと思いますが、

見たことがありません。





ですから

独自に開発するしかなかった人が多かったのだろうと
思いますが、


私も
その中の一人であり、

長年にわたり、特注キッチンの設計をし、施工管理もし、

なおかつ、



キッチンメーカーの責任者とも言えるブレーンに
キッチン製作のコツ、そして金物や備品の手配などの協力もしてもらいながら
キッチン作りのノウハウを学び、

自分のもっとも得意な家具設計のノウハウと融合させることが
できました。





普及型の2550キッチンと呼ばれるI型キッチンは
メーカーの独壇場となっており、

形もある程度決まっています。



ですが、



近年では
リビングをできるだけ広く取りたいと望む人が多く、

リノベーションにおいても

室内の仕切りをできるだけ取るという
例は目にしたことがあると思います。





そういう広いリビングには
ダイニングテーブルと一体となった
アイランドキッチンが良く似合います。





そこで、



いままでメーカーに任せっきりだったキッチンも



お客様に

アイランドが希望だと言われれば相当な苦労を伴うはずです。





なぜなら

家具は作れてもキッチンなんて作ったことがないという
工場が多いからです。





そして

作るにしても図面が無くては作れないと言われることが
多いはずです。




いや

実際どこの工場でも言われ続けたのです。






その時には
図面を携えて工場に何度も足を運び、



キッチンの製作時に絶対守ってもらわなくては
ならない複数のポイントとなる箇所を一つずつ
手書きのスケッチを交えながら説明したものです。



その手間というのは
工場に頻繁に行っている私でさえ
相当こたえるものでした。




そして・・・





続きはこちらでごらん下さい。






そこでは

キッチンのことが詳しく知りたいという人だけに
詳細をお伝えする形にしていますのでご了承下さい。











 

↓お問い合わせが多く、よく読まれています。


 

 

 





イベントの集客に役立つかも知れません(^-^)